読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

postlude

ノイズと音楽の狭間

青空の方法/宮沢 章夫

青空の方法 (朝日文庫)
風邪を引いて暇な時読んでいた一冊。この人の本を紹介するのは、
なんか自分のネタをばらしているようではずかしくなってしまう。
それぐらい影響受けまくりな宮沢さんの文庫新刊。
解説にも書いてある通り「ほどんど意味がない」ていうか「ほんとに
意味がない」
ネタ的に今までの本とかぶっているのもあるが全然有り。宮沢さんの
論点が変わっていないのを感じて、こちらとしてもほっとする。
今回のネタとしは「元副社長」「ニーザー」「言葉の事故」「比喩」
なんかが笑いのつぼに入りまくりでした。
宮沢さんの本読んだことがない方は「牛への道」がおすすめ。
名作「出張ダンサーは税金がかからない」が入ってます。


今江國さんの新刊を読んでいるのでその感想は後日。