読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

postlude

ノイズと音楽の狭間

この世界に正義が無くなったのではなく。正義しかなくなってしまった

本日一番むかついたニュース。

君が代斉唱の声量調査 福岡県久留米市教委」
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/education/


そんなバカな事をする教育委員会がある、日本という国の国歌は私は絶対に歌いません!!
昭和初期を負の時代だと教育し、その時代に数えきれないほど歌われた「君が代」を現代の子供達に意味を教えず、意味を考えさせずに、ただ国歌だからだと歌わす。それで歌わなかったら声量が小さいと注意ですか?同盟国だったドイツはナチス時代にさんざん歌われた、国歌の1番は今では絶対に歌ってはいけない事になっているのに。(今のドイツ国家は3番です)


 「君が代」を歌えと強制するよりも、現代史をちゃんと教育する事に重点を置いてください。昭和初期の時代は確かにひどい時代です。しかし、現代の若者に「昔の事だし俺がやった事じゃないし」と考えてほしくない。アジアなどで日本人が行った虐殺という名の人殺し。それを行ったのは私達のたかが2世代〜3世代前の人達だと言う事考えてほしい。なぜそんな事になったのか?俺もその時代に生まれたら人を殺してしまうんだろうか?色々考え、知識を蓄え、それでもこの曲を歌うのであれば、歌えばいいと考えます。


しかし、国会賠償などではなく私個人として考えた場合なにが出来るんでしょ?取り合えず来月行く韓国では噂に聞く、ロッテワールドの中にある民族博物館に行って色々考えてみたいと思います。(日本人に踏まれ日本国旗を持たされる韓国人の像とかがあるそう・・・)